<< ナスカ的絶賛「旅をする本」 | main | かくも長き年月の人間の育児 >>
神様は何に負けたのだろう?
 

#京都から帰って一週間は腰や背中が痛んで、さては京都で電動アシスト自転車を乗り回し過ぎたかと後悔した。しかし日曜に気分が悪かった翌月曜日、熱が出て2日休んだ。その間騒がしくなった地震関連のテレビをつけていた。

あの阿蘇神社の残念な壊れようはどうだろう。去年の10月の日記に阿蘇神社の境内で撮った写真をアップしている。清々しい印象の立派な神社だった。あの壊れようを見ると阿蘇神社の神様は身を挺して戦ってくれたのだよ。そして負けたのだ。
何に? 神様は何に負けたのだろう?



14日の9時半頃の最初の揺れはスポーツクラブでダイエットに励んでいた時刻で、更衣室に戻るとやけに今日は人が少なかった。後から考えれば 皆テレビや携帯で知ってやおら引き上げたと思われる。翌深夜1時半頃の大きな揺れでは、私はひと眠りした後風呂に入っており、のんびり浸かっていると部屋に置いた防災アプリのブーブーいう音が家中に響いた。夫のと私のと私のipadとipadプロが一斉に鳴り、ほどなく町の防災無線が「大きな地震だ」と深夜にも関わらず大きな音で鳴り出した、(町中飛び起きたと思う)のほほんと湯に浸かっていた私も風呂を飛び出し、慌ててナスキに電話した。熊本との県境近くの福岡にいるので、かなり揺れたに違いなく、今の揺れでは起きたに違いない。あの子のアパート潰れたかしらと思ったらかなりなことでも冷静な私も iPhoneの電話の掛け方が分からなくなり、手が震えた。かけた電話のコールの一回目ですぐ息子が出たのでああやれやれ。地震の心得を取り急ぎ伝授した。


揺れたらすぐドアを開け、逃げ道を確保すること、ガスの元を閉めること、風呂おけ、やかんやペットボトルに水が出るうちに水を貯めること、電気、ガス、水道は地震が大きいときはほぼ止まるからそれぞれに備えること、大きな揺れがあったら「無事」とラインを入れること。家を離れる時は居場所を連絡すること。行き場に困ったら大学に行くこと。どういうわけかこういう時はトイレットペーパーがすぐ売り切れるので、在庫を確認すること。非常食を4〜7日分くらい確保すること。翌朝一番で水を買いに行ったナスキは「既に売り切れでした」とラインを打ってきた。なのでキッチンハイターでペットボトルを消毒し、一旦少量の湯で洗ってその中に湯冷ましを入れ、冷凍庫に入れておくよう指示。危機管理の練習にはちょうど良かった。




#クールジャパン、というNHKの番組を、夫が好きで時々私も横で見ている。
今回のテーマは「どうして日本人は人前で○○なの?」
順番は忘れたが「どうして道端でべろべろに酔っぱらうのか」「どうして電車で化粧をするのか」「どうして電車の中でいやらしい本を読むのか」「職場に家族の写真を飾らないのか」など。

べろべろに酔っぱらった日本人にこうしたことが大嫌いなギリシャ人がインタビューしていたら、日本人のヨッパがインタビュアのお尻に(ズボンの上から)両手を合わせ肛門に向かってズン、なんかやってて、インタビュアのギリシャ人は本気で「あんたギリシャでこんなことしたら袋叩き」と怒っていた。

道端でへべれけに酔っぱらったり 電車でお化粧をしたり いやらしい本を読むのは外人じゃなくたってお行儀がいいとは言えない。私はしない。まあ、リップクリームくらいは塗るかもしれないな。唇が弱くて乾くと痛いので。外国でも行儀のいい人と悪い人はいると思うが、ピンからキリまでこういうことはしないんだろうか。

酔う、については私はあまり飲まないのでコメントはしようがない。夫は相当強くてあまり悪酔いしないけど時々はからむ。そういう時はほってある。私は寄り付かないので被害はない。外で飲んでどうなっているかは知らない。>いいのか?

電車で化粧は、行儀がいいとは言えないけど、たぶん遅刻するからとにかく化粧道具を持って出て、そこで時間を稼いでいるんだろう。遅刻するよりは他人の前でやっちゃえ、どうせ行きずりの人だちだ、ということか。遅刻と行儀と比べれば遅刻を避けるのは仕方ないかもしれない。


どうして電車の中でエロ本を読むのか、は、私は女なのでやったことがない。夫も息子もないと思う。でもやっている人は見たことはある。だからどう、ということはないなあ。確かに行為自体は破廉恥だと思うけど、私とは終生関わることのない人種がやっていることだ。無視していいかも。私には関係ない。本人が行きずりの人に破廉恥なやつだと思われても別にいいやという価値観で生きているのなら私がとやかくいう事ではない気がする。意外と外人のほうが他人のアクションに対し口を出すんだな。


化粧とエロ本についてはこうも思う、電車の中でありながら透明な個室にいる感覚なんじゃないだろうか。私も無視しているように向こうも私を意識していない(=無視している)。お互い見えない架空の壁の内側にいる、という解釈でどうだろう。お互い相手がいないものとして考えている。

日本人はその昔、行儀のいい民族として見られていたと思うが、今や全く違うらしい。


家族の写真の件は、とやかく言われるのは納得できない。それは日本の文化じゃないか。私も家族の写真を飾らない。ただでさえ狭い仕事のデスクの上では邪魔だ。公私を分けるという考え方が徹底しているから、というものあるだろう。外人がちょくちょく訪ねてくるオフィスではまた違うのかもしれない。

私の職場は女性が多く、どうしても子供の病気や入学式、入試、卒業式で休みが出る。そのために有給を取ると 子供が居ない人や独身の人にその日の勤務は振られる。そこにこれ見よがしに可愛い七五三の写真や孫の写真なんかがあったら面白くない人もいるだろう。家族っていろいろあるのである。家族のことはそれぞれにそっとしておくほうがいいと考える人は多いと思う。NHKではその辺りの意見は出ず、ちょっと残念だった。





#京都の桜は本当に美しかった。
最も印象に残ったのはインクライン十石舟で、(こんな感じ)まさにこの通りでものすごく綺麗だったんだけど超ガッカリしたのが、臭いのよ、水が! 岡崎疎水の水は琵琶湖から引いてきてるから、琵琶湖には生活用水も流れ込むし水はそうきれいじゃないとは聞いたことはあるけど、くっさーい・・・・orz

南九州は雨が多く、その代わりに本当にきれいな水が豊富に湧き出るところなので、これだけは うーむ・・・・何とかならんのか、ちう感じだった。



帰鹿してひとしきりあちこちで桜の話をした後に、来年の桜はどこで見ようか?と思う。>えーっ まだ行くんですかい? あれこれ思案の末に、来年は高遠城址に行こうと思う>いつ気が変わるかはわかりません。
高遠は夫の父の郷里なのだ。なんでも高遠城に出入りしていた御用商人の家だったらしい。私たち夫婦は何を隠そう、ナント本籍は長野県人なのだ。殆ど行ったことは無い。そこに有名な桜があるのだから行かぬ手はない。夫の父の実家を継いだ伯父が居たはずだがハテどうなったやら。最近とんと噂を聞かぬ。


#桜を見に行く前後に、大学の同期の訃報が2件入った。私はそろそろそういう年になった。
一件は2月の初めで、割と近くで開業していた友人。卒業後お互い顔を合わせる機会が殆ど無かった。風の便りに肝臓が悪いらしいと聞いていたのだが、おそらく肝臓がんだったと思う。もう一件は数年前から肺がんで闘病中と聞いていた。発病から5年もちこたえた。いよいよというときまで診療しており、最後のやりかけの仕事を近くに住む同期に頼んだ。
「いよいよだめだから後始末を頼む。」 
頼んだ方も、頼まれた方も、立派だった。あっぱれ かくありたし。


散るさくら 残るさくらも 散るさくら(良寛)






 
| - | 16:11 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

   

Serendipity(ツイッター)

Instagram

twitpic

情報誌 Serendipty

フォト蔵nyasca.

posted by (C)autumnapple

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS