<< 暑過ぎた夏のラプソディ | main | 霜月は急ぎ足で >>
ナオザエモンの碑

 

 

#亡くなった父が、大切にしていた先祖がいる。ナオザエモンという人物で、天保3年、1832年の生まれであるから180年ばかり前の人、ということになる。

西郷隆盛の戊辰の役に従軍して、西郷の弟と共に長岡の激戦で亡くなった。

 

死後どういう状況だったか分からないが、近くの金谷山というところに双方の戦死者は合祀されたらしい。父が元気だった時にナオザエモンの墓参に行こうと言ったことがあったが、私はまだ若くて全く興味のない年頃だったし、父は一緒に動くには非常にめんどくさい人だったのであっさり断った。鹿児島から墓参団が結成されて、その人々と共に父は出かけて行った。

 

幕府はもうだめだから官軍に恭順したいと思っていた人は長岡藩にも多々おられたようだが、結果として、両者は激しい戦闘に突入した。長岡藩には河合継之助という優れた家老がいて、戦闘は熾烈をきわめた。そしてうちのナオザエモンは、腰の辺りに被弾し、一か月後に亡くなっている。おそらく敗血症か、破傷風でなかったかと思う。西郷の弟とともにこの地で亡くなった。

 

西郷隆盛は弟とともにナオザエモンも弔って下さり、京都の通天橋の紅葉で有名な東福寺の一角に立派な弔いの碑を建立した。そこに、ナオザエモンの名前も刻まれている、私も妹や母と共に何度か見に行った。我々の郷里は通称谷山と言われるところ。越後の金谷山(かなだにやま、と言うのだろうか?)の名前をナオザエモンは見ただろうから、死ぬ間際きっと故郷を思い出しただろう。帰りたかっただろうと思う。

 

 

 

#数年前のある日、地元のふるさと谷山まつり、という賑わっているんだかいないんだか分からない田舎の祭りをぶらぶら歩いていた。数冊本を並べて素人臭く本を売っているのを見かけた。「谷山の歴史と文化財(谷山観光協会発行)」・・・・ふーん。一冊買ってみる。帰宅してぱらぱらと読んでいてびっくりした。「東谷山、安◎さん宅にある碑」には 大脇某、鬼丸某、◎◎直左衛門・・・・ え? ナオザエモン??? うちの! うちのナオザエモンだ!! 安◎さん敷地内にあるが頼めば見せてくれるので見たい人は行ってみなさい、と書いてあった。

 

碑文は、むかしこの辺りは湿地で、鶴が沢山渡来していたのを、捕獲して飼育していた。文久4年、鹿児島一帯に疱瘡(天然痘)が流行って、その疱瘡のできものに鶴の膏(あぶら)を塗ると効果があると藩主忠義公が聞いて飼育の鶴を膏にして病人を救えと命ぜられ大いに効験があった。そして数名の名前が書かれている。

本にはそれしか書いていない。

 

 

私はそれから幾度も東谷山に出向き、安◎という家を探した。安◎という姓はありそうであまりない名字だった。安も◎も名字にはよく使われる字だが、この二つを取り合わせることはあまりない。

今まで聞いたことが無いが、そういえば東谷山には何軒かあった。ナスコの幼稚園もこの辺りにあり、同級の子に安◎という子がいたっけ。しかし、表札を見て見ず知らずの家にピンポンして「お宅に古い、名前が彫ってある石はありませんか、と聞いて回る勇気もなく、結局そのままになった。

 

 

 

 

#ナスコに赤ん坊が生まれ、夫の母が写真を送れとうるさいので(もう一度は送っているのだけど)東谷山の写真屋にプリントを注文する。先週金曜日の夕方だった。

 

 

店長「実は、ですねえ、ノルマで、うちの店で今日中にiphone7を7台売らないといけないんです。最後の一台がどうしても売れなくて困ってるんですが・・・破格の条件です、買いませんか?」

つい数日前うちのスタッフに「今度のiphone7は売れないよ。防水機能が付きました、ってそんなもん付かんでも わたしゃ一度も水に落としたことなんかないし。私は、絶対買わない。もう十分だよ、機能的には。iPhoneもジョブスが死んじゃったのが運の尽きだね。大体高すぎるし。」と言ったばっかり。買うもんかね。

 

 

ところが。

 

 

条件を聞くと確かにいい。3ケ月くらいは今の機種代が残ってるから3500円ばかり高くなるのだけどそのあとは今の料金より2000円ほど安くなる。

 

・・・・・うむ! 買おう。

 

 

急転直下私は新しいiphoneを買うことになり、夕方から手続きに入った。iphoneを売るのはあまり慣れてない店舗らしく手続きはうんと時間がかかり、データの移行はしょっちゅう行き詰まって、店長はオタクの詳しい部下をたびたび大声で呼んだ。「やす◎〜! やす◎〜!」

 

東谷山の安◎・・・・? どっかで聞いたような?

 

 

私の胸はだんだんどきどきしはじめた。このお兄ちゃんは安◎さんというのか! しかし、なんと言って話しかけたもんか・・・。

 

 

 

ナ「あのう、あなた安◎さんとおっしゃるの?」

安「はい。」

ナ「安◎さんてこの辺にお住まい?割と珍しい名字ですよね?」

安「はい。東谷山以外では聞いたことが無い名前ですね。」

ナ「あのう、私、もう何年も前から東谷山に住んでいる安◎さんを探していたの。実は、石を探していてね。東谷山の安◎さんの家の庭にあるということは分かっているんだけど。人の名前が書いてある古い石なの。江戸時代くらいの。どなたかご親戚の家か何かにそんな石があるという話を聞いたことは無いかしら? 何か知らない?」

安「ああ! 知ってますよ。うちのじぃちゃんちです。」 えっ! えっ! えええええええーーーーっ!

 

 

鳥肌が立った。

 

 

 

 

#ナ「私はその石に名前が彫ってある人の子孫で、谷山観光協会の本でうちの先祖の名前を見つけ、安◎さんちにある話を知ったの。何年もあの辺りの安◎さんちを探し回ったんだけど分からなくてね。知らない家にピンポンしてあなたの家に石がないか、って聞いて回るのも変じゃない?そんな勇気ないし。ああ、私は今日ものすごく幸せ者だわ! なんでiphone買うことになったのか分かった。これはナオザエモンの引き合わせだわ!!」

 

彼は丁寧ににじいちゃんちを教えてくれ、私は、じいちゃんに宜しく言っておいてくれ、私が必ず行くと。くれぐれもよろしく頼む、と言って別れた。

 

 

 

 

#数日、仕事やら何やらに振り回され、やっと水曜日の夕方、焼酎と和菓子を持ってその家を訪ねた。家は元職人だった人の家らしく、雑多な工作用具や板や部材が置いてある、藪蚊が乱舞するぼうぼうの家だった。親切そうなおばあさんが出てきて庭に回れと言う。80歳過ぎくらいだろうか、実直そうなおじいさんが庭に下りてきてくれた。

 

ナ「私はこの碑に書いてあるナオザエモンという人の子孫です。父がこのナオザエモンさんのことを大切にしていました。ここにその石があると聞いてやっと場所を探し当てて来ました。先日、写真屋にお勤めのお孫さんと偶然その話になって分かったんです。あの、見せてもらってもいいですか?」

 

どうぞどうぞ、と言われてうちのナオザエモンの名前を探す。

 

あった。

 

あった。

 

ナオザエモンは180年前の時代に生きていて、この碑を見たに違いない。自分の名前が彫られたのを誇らしく触れただろう。感無量。

 

おじいさん「時々見たいと言う人が訪ねてきますが、この碑に名前が出ている人の子孫だというのはあなたが初めてですよ。元は隣の家もうちの地所で、そっちにあったんだが、私の伯父が売ってしまってね。私が慌ててこっちに運んで来たんだけど、その時に上が割れてしまったんです。」

 

よくぞナオザエモンのところが割れなかったことよ。

私の名刺と菓子と焼酎を渡すと、こんなことせんでも、と押し返すのを、

ナ「うちの先祖のナオザエモンは今日までこれを大切に守ってくれてありがとう、と必ず思っているはずです。

本当に本当にありがとうございます。これはナオザエモンの供養です、大したものではありませんが。

父はナオザエモンが大好きでしたから、父が生きていたら見せてやりたかったです。

父は必ず何か持って行ってお礼を言ってくれと言うはずです。

どうか、どうかこれからもこの石を宜しくお願いします。」

 

正直に言えばこの石が邪けんに扱われていたら、

「要らなくなったら買うから譲ってくれ」と言いおいて帰るつもりだったがおじいさんが大切にして下さっているので安心して帰ってきた。

 

 

 

#いつか長岡に行こうと思う。

 

私もあの時の父の年に、なったのだな。

 

長岡に行って10年を待たず父は最初の発作で倒れている。

 

私も、自由に動けるのはあと10年くらいなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 14:49 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:49 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

   

Serendipity(ツイッター)

Instagram

twitpic

情報誌 Serendipty

フォト蔵nyasca.

posted by (C)autumnapple

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS